グラフィックボードをSLI(複数挿し)にするメリット

2枚にするだけで2倍の性能に!

SLIという言葉を知っていますか?パソコンにグラフィックボードを複数枚搭載することを意味します。例えばGeForce GTX780を2枚挿したら、「GeForce GTX780 SLI」と呼びます。

 

でもそもそも複数挿しにする意味はあるのでしょうか。性能は良くなるのでしょうか。コスパは良いのでしょうか。これらの疑問を解決するために人気グラフィックボードをSLIにした時のベンチマークスコアを比較してみましょう。

 

ベンチマークスコアの比較

ドスパラの公式サイトにグラフィックボードのベンチマークスコアが掲載されています。グラフィックボード以外はすべて同じパーツを使い、3DMARKというベンチマークソフトで性能を計測しています。

 

グラフィックボード ビデオメモリ スコア
GeForce GTX780Ti 3GB 5040
GeForce GTX780Ti SLI 6GB 9127
GeForce GTX780 3GB 4558
GeForce GTX780 SLI 6GB 8196
GeForce GTX770 2GB 3615
GeForce GTX770 SLI 4GB 6819

 

どのグラフィックボードもSLIにすることで2倍弱の性能になっています。単体で性能が劣るミドルスペック向けグラフィックボードでも2枚挿せば、ハイエンド向けグラフィックボード1枚に勝てるわけです。

 

しかしコスパを考えると、2枚搭載するよりも1枚搭載したほうが安く収まります。だからSLIは高性能なゲームPCが欲しい方におすすめします。例えば、GTX980をSLIにすると、どんな激重ゲームでもヌルヌル動くようになります。

 

格安で性能を2倍にできるメリット

SLIのメリットはやはり「手軽に性能を2倍にできる」ところにあります。最先端の高級グラフィックボードは価格が異常なほど高いですよね。他のグラフィックボードと比較したら5倍以上の値段になっているのが当たり前です。

 

でも最近価格が下がってきたGTX780TiをSLIにしておけば、今後新しいグラフィックボードが発売されても、その性能に負けることはありません。

 

おすすめのSLIゲームPC

それではコスパの良いおすすめのSLIゲームPCをご紹介します。

 

NEXTGEAR i850PA5-SP2-DL
NEXTGEAR i850PA5-SP2-DL OS Windows7/10
CPU Core i7-5820K
メモリ 16GB
グラフィックボード GeForce GTX980 (4GB) x2

 

ガレリア XI-E 3Way
ガレリア XI-E 3Way OS Windows7/8.1
CPU Core i7-5960X EE
メモリ 32GB
グラフィックボード GeForce GTX980Ti 6GB x3

 

ドスパラからはGTX980Tiを3枚も搭載しているモンスターマシンです。確かに性能が素晴らしいですが、価格も高いですね。そもそもこんな性能が必須のオンラインゲームなんて存在しません。

 

G-TuneのはGTX980を2枚搭載して、他のパーツも高性能です。しかも水冷でこの価格っていうのは格安です。私はコスパや実用性を考えて、NEXTGEAR i850PA5-SP2-DLをおすすめします。